毎日簡単ダイエット!生活で気をつけたほうがいいことまとめ

毎日簡単に実践できるダイエット法

毎日水をたくさん飲むようにしています。

 

前に誰かにあまり水を飲みすぎても水ぶくれみたいになってよくないとも言われたのですが、一日2リットル飲むと代謝がよくなるとも聞いたので、頑張っています。結構忘れちゃったりもしますが。でもきちんとお水を飲むときは逆に体が軽い気がします。あとは姿勢、特に座っている時の姿勢を気にするようにしています。

 

私の場合は気づいたら猫背になって座っちゃてる場合が多いのですが、そうするとおなかに変に脂肪が集まってるのに築いて背筋と腹筋を鍛えるためにもきれいな姿勢を心がけています。大学時代にずーとすわりっぱなしの時期があり、その時は姿勢もわるくて長時間同じ姿勢だったので、気のせいかお尻がぺちゃんこになっておなかに脂肪がついちゃった気がしました。

 

その時に友人からラジオ体操みたいにからだをひねったらいいよ、といわれ、実践してみたらこれは結構ききました。
足を肩幅に広げて立って、ウエストからグイっと左右にひねるだけですが、40回ほどすると結構きついです。おなかに脂肪の層がついてぽちゃっとした感じだったのが、すっきりしました。

 

いまでも座っている時間が長いことが多いのですが、その時は足を組まずにスカートではなくてもひざはきっちり揃えて座るようにしています。これも慣れるまでかなりきつかったですが、足、お尻、腹筋まで下半身の脂肪を中心にとってもききます。あと食習慣ではなるべくソーダ類やジュースはとらないようにしています。

 

結構そういうの大好きなのですが、一度ジュースにどれくらいの砂糖がはいっているかというのを習ってそのあとは怖くなって避けています。あとは炭水化物も食べ過ぎないように、食事はご飯は少なめに、汁物と野菜をとるようにしています。

 

専業主婦のプライド

フルタイムで勤務していた頃はBMI16、体脂肪率10%でした。
家庭の事情で退職し、専業主婦になってから約半年で、BMI19、体脂肪率24%まで増加しました。
体脂肪を減らすのに大活躍したのがラクトフェリンサプリである。ラクトフェリンの内臓脂肪を減らす力は本物だった。
妊娠したわけでもないのに、日に日に太くなる腹周りや大腿部。

 

それまでゆるゆるだったパンツが履けなくなり、太めの母からもらった、履くことはないだろうと思っていたパンツを試しに履いたところ、『あー、楽ちん』と敗北を認めました。
核家族で、特に人間関係に縛られることがなかったので、しばらくその生活に甘んじていましたが、義両親が旅行がてら我が家に来るという話が浮上しました。
最後にお会いしたのは2年前、痩せていた頃でした。
このままでは「あら、お元気そうね(太ったんじゃない)」と言われるのは必至。
3ヶ月計画を立てて減量に取り組みました。

 

食事制限。
それまでは毎日アイスクリームは欠かせませんでしたが、ヨーグルトに切り替えました。
ホームベーカリーで焼いたパンが好きで、市販のパンより脂肪分は少ないから、と自分に言い訳をしてピーナツバターをたっぷりテンコ盛りにしていましたが、果物のジャムに切り替えました。
家族の生活時間がバラバラなため、夕食も1人で食べることが多かったので、夕食を抜くことにしました。
初めのうちは空腹感に、お菓子に手を出そうかという気分にもなりましたが、バラバラに帰宅する家族に夕食を提供したり、後片付けをしている間に就寝時間となり、食べずに過ごせるようになりました。
夕食を抜くと、朝食がとても美味しく感じることに気付きました。
そして、家族が食事をしている間は、ホール係に徹して動くように心掛けました。
そして、義父母訪問の3日前に−5sを達成しました。
もちろん、お二人がお帰りになってからリバウンドしましたが、義母には「もうちょっと食べなきゃダメよ」と言われ、その場を取り繕う方法は分かったので、今後も応用したいと思います。